GARDENING


2005年春〜初夏

年に一度の(別にそう決めなくてもいいのですが、、、)ガーデニングの季節がやってきました。3月の末、一穂が寮に入ってしまう前にと少しずつ始めたのですが、今回は少し時間を掛けてぼちぼちやっています。2年がかりでこしらえたナチュラルガーデンの基礎がなかなかいい具合で(なに、そんなかっこいいもんじゃなくて、単に手入れをせずにほったらかした結果なのですが、、、)、西洋芝がはびこった土壌は適度に禿げがあって野の草花を植えるには申し分ないです。草の間から花が思い思いに咲いてる野原や河原や山のお花畑ってとてもいいでしょう。あれですよ、私が造りたかった庭というのは。今まさにそうなりつつあります。あとは花が次々に咲いてくれるのを待つばかり、、、。


去年花が終わったと思って鉢から下ろしたらまた元気に二度咲きしたムスカリ、今年は数も増えて一段と大きな房になりました。
おまけに去年移したときこぼれたのがほったらかしの鉢の中で
“僕もいるよぉ!”と叫んでいたのを見つけました。
よく頑張っていたので西洋芝の間の日当たりのいいところに移しました。
4月には夏みかんの木の後ろ、ちょっと奥まったところにあるハナスオウが満開になりました。
梅の実は毎日どんどん大きくなります。最初気がついたときは小梅の種くらい、それがあっという間にアーモンドチョコレートくらいになって、それからだんだん丸くなりました。これはちょうどアーモンドチョコレートくらいのとき。
大きなカラーの葉っぱの裏にカタツムリがいました。そうそう、一穂が幼稚園のおしまい頃、初めて描いた形ある絵がカタツムリでした。それからずいぶんたくさんのカタツムリの絵を描きました。卒園のアルバムはそれぞれが描いた絵が表紙になったのですが、もちろん一穂のは大きなカタツムリでした。
玄関はまず始めにミニシクラメンを植えました。このシクラメンは去年から鉢のまま外で冬を越した元気な子たちです。一番手前の少し大きなのは雑草と飛んできた西洋芝の種がりゅうりゅうと育った中で負けずに大きくなったんです。仲良しになった(?)西洋芝も少しくっつけたまま移しました。

自慢したいのはここを築山にしたことです。日当たりと水はけを考えて土を盛ってみました。真ん中の一番高いところに水をやるといい具合に周りに浸透して行きます。シクラメンの下側には芝桜を植えました。土が流れ出るのを防いでくれるようにしっかり広がってほしいと思っています。
家に近い側は日当たりがよくないけれども、前にベルを植えたらここが気に入ってとてもよく咲いたのでまた植えました。手前はアリッサム、大きく広がるといい匂いがあたりに立ちこめます。いつも真っ黒い芋虫にやられてひどいことになってしまうので、今年は何とかつかないようにしたいと思います。木酢をまめにかけたらいいかなと思います。なるべく殺虫剤は使いたくないので。
今年の楽しみは芝です。通路に近い側、前は花壇にしていましたが、今年は高麗芝を植えてみました。赤い煉瓦の道の周りが緑の芝ってすてきでしょう?今まで何度も失敗した高麗芝が今度こそうまく育つような気がします。

芝を植えるにあたって今回はしっかり地ならしをしました。傾斜もつけて水はけも考えてあります。それから煉瓦の道、今までは雨が降ると水に流れた土が被ってしまったのですが、これも全て一度剥がして地を平らに整地し直し、傾斜もつけ、煉瓦と煉瓦の間を空けて白い砂利を挟んで水はけをよくしました。これは大正解!道はくっきりと明るくなり、白い砂利は土より粒が大きいので土が下になりいつまでもきれいです。

それにしても煉瓦を敷きながら思いました。水準器まで使ってたったこれだけのところを整地して煉瓦をまっすぐに平らに敷くだけでもすごく難しいんです。糸を張って線をまっすぐにするのはまあまあとしても、置いた煉瓦はなかなか高さが揃わないから何度もやり直しました。大昔、エジプトの砂漠の上に巨大なピラミッドを造った人たちは偉いなぁ。どうしてあんなに正確に作れたのかますます不思議になりました。だって何トンもある大きな岩をおいてみて少し高さが合わないからやり直しなんて…今まではあの高さまで岩を積む技術のことばかりすごいと思っていましたが、その前に一番下を平らにまっすぐ並べるだけでも気が遠くなります。
鉢はパンジーをあふれるように植えました。階段においたら立体感が出ました。

玄関のバラは色がとてもきれいなので毎年楽しみです。1年中咲きますが、やっぱり春最初に咲くのが一番きれいです。

4月の下旬になってハナミズキが満開になりました。昨年やっと少し咲き始めたのが、夏の間てっぺんまで覆われるほどピンクのノウゼンカズラが絡みついていたのを冬の初めに思い切り刈り込んでみたら小さなつぼみがいっぱい付いていました。これはきっといいなと思っていたら、ほらこのとおり。
淡いピンクのハナミズキと濃いオレンジのバラ、新緑の中にすばらしい色彩を放ちますね。
5月に入って緑はますます濃くなり、玄関のバラは満開になっています。高麗芝はだいぶ生え揃ってきました。庭の西洋芝にはもうたくさん穂がついてやがて新しい種を辺りに飛ばします。草の間に植えたいろいろな花の種や球根が顔を出すのが楽しみです。夏のお花畑風になってきたらまたこのページに載せたいと思います。
ガーデニングindex
MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE