GARDENING


2005年 夏から秋

夏から今日までいろいろと変化を見せた我が家の庭の様子をさかのぼって見てみました。
9月になって台風が来ました。各地に被害が出たりしましたが、我が家では恵みの雨でした。ちょうど花が終わったあじさいを庭を広くしようと思って別の場所に移したところでした。“こんな時期に移したら枯れるんじゃないかなぁ。”と隣に住んでいる園芸好きの叔母に注意されて、“しまったぁ!”と思いました。確かに移されたあじさいは強い陽に照らされてもう虫の息でした。毎朝毎晩いくら水をかけても、こちらが何かしてやってるという単に気休めにしかなりません。“せっかく今年はよく咲いたのに…ごめん”朝起きて庭のかわいそうなあじさいを見ると胸が痛みました。ところがそこへ台風が来てものすごい雨を降らせてくれたんです。そのあとあじさいは生きかえって今も何とか頑張っています。これから秋冬の間にしっかり根を張って持ち直してくれたらと思います。(9/11)
庭にはあちこちに少し掘り返したようなあとがあります。全く不規則に。そこには球根が植えてあるんです。来年の春にはきっと草の間から顔を出すはずです。クロッカスやフリージアの花が牧草、じゃなかった西洋芝の間にあちこち咲いてたらすてきでしょう?

実はだいぶ前に買って植えて置いた球根がちっとも芽を出さないなぁと思っていたら、いやいや、そんなことはなかったんです。ある日、草の間にピンクのかわいい花が咲きました。花の周りに芝より少し幅の広い長い葉っぱが地面に這うようにあります。庭のあちこちによく見ると同じ葉っぱが出ています。これは!と思っているとそれから毎日のように一つか二つずつ咲き始めました。球根は楽しいなぁ。単純な私はこれに味を占めて庭のあちこちに穴を空けては何十もの球根をところ構わず植えてしまいました。(9/11)

下の白いのはちょっとのぞきに来た叔父が“あぁ、それならうちに同じので白いのがあるよ、持っていきなさい。“とくれたものです。もう花は終わっていたのですが、うちに植えたらまた咲き始めました。(9/28)
あ!ここにも二つ、ピンクが咲きそう!毎朝こんな発見が楽しくて仕方ありません。(9/28)
庭の一角は夏に伸び放題になった草の中で何となく今までと違う種類のがあったのでとっておいたらかわいい花が咲きました。タデの種類かなぁ。(9/28)

下左はおなじみのハナアロエ、我が家ではこれをくれた生徒の名前を付けて○○○ネギと呼んでいる花です。その後ろに小さな白い花をつけて限りなく大きく伸びそうな勢いの○○○ドラゴン、本当はなんて言ったっけな、これと玄関のガウラ、これらその生徒のお宅から来た花たちは春から秋にかけて毎日とぎれることなく咲き続けています。(9/28)

下右は夏みかん、去年は一つもできなかったのですが、今年は7つ実をつけました。毎朝数えてみんなが無事なのを確認します。(9/28)
これこれ、これがそのガウラです。これに至っては四季咲きなんてものじゃありません。365日咲きです。去年の猛暑のときも、雪の積もった冬の寒い朝もそして今も一日としてこれが咲いていなかった日がありません。うーむ、なんてやつだ。でもかわいいんです、この花が。今ではガレージの屋根よりも高くまで伸びて、見上げると青空にピンクの花を泳がしています。(9/28)
玄関のハナミズキは今年よく咲きましたが、今はピンクのノウゼンカズラが伸び放題で、いいように巻き付かせています。でも少し色づき始めた葉っぱの間に来年咲く花のつぼみがもうたくさん出ています。赤くなる実もあるはずですが、今はノウゼンカズラに隠れてよく見えません。(9/28)
これもほとんどノウゼンカズラの葉っぱばかりが写っていますが、この下にあるアセビが花芽をつけています。(9/28)
いつもは東側の叔父の家に向いた方にばかり咲くのですが、今年はうちの側もこのとおり。家の内側にこんなに咲いたのは初めてです。(9/28)

下左は道路側。バラも今はピンクのノウゼンカズラに覆われています。でも、その中にある赤い葉っぱはバラの新しい葉です。ノウゼンカズラの花が終わったらすっきり刈り込んでバラやハナミズキが姿を現すことになっています。(9/28)
ニオイザクラはこのところ花はつけてくれませんが、まぁ、いつか咲くでしょう。きれいに赤くなった葉っぱが目を引きます。(9/28)
トラノオがすっかり枯れたかと思っていたらまた思い出したように花を咲かせています。(9/28)
ライラックは夏の暑さで葉が焼けたようになっていましたが、今頃新しい葉が生き生きと出てきています。(9/28)
8月20日、富士での夏休みを終えて帰ってくると庭は一面草に覆われていました。出かける前にきれいに刈っていったのに。でもいつもと少し違う草がずいぶん生えて、ちょっとおもしろそうかな?そこでまた思い切り刈り込んだのですが、一部残してみることにしました。右が8月末、左が9月に入って刈り込んだ庭です。このページの最初にあるピンクの花が咲いているのが見えるでしょ?危うく一緒に刈ってしまうところでした。その後ろが一部残して置いたところで今タデか何かのかわいい花がいっぱい咲いているところです。
刈り込んでさっぱりした庭に朝陽が当たってすがすがしいです。刈ったあとには新しい芝の種も蒔きました。ちょうどいい具合に雨が降ってくれたのでじきに発芽しました。(9/11)

下左、あじさいを移してできたスペースにも新しい西洋芝の芽が出てきました。(9/11)

下右、おや?これはなんだろう?(9/11)
夏空に庭のオレンジのノウゼンカズラがものすごい勢いで咲いています。BSのアンテナが隠れてしまってよく映りませんが、あんまり見ないのでいいことにしました。(7/15)
ギボシの薄紫の花が咲きました。毎年新しい芽が出て大きく葉を広げ、必ずたくさんの花を咲かせます。(7/3)
さっぱり刈り込んだ庭に色鮮やかなあじさいが咲いています。今年はものすごい数の花をつけました。見事なのですが、少し大きくなりすぎて庭が狭くなってしまいました。花が終わったら少し小さくしてどこかに移すかなぁ。というのでその結果がこのページのはじめの有様です。あぁ、見事だったなぁ…いつかまたこんなに咲くほどになるでしょうか。(6/28)
我が家の庭は腰丈ほどに伸びた西洋芝の穂が一面を覆っています。その下でたくましくも可憐なドクダミの花が咲いていました。(6/23)
例の○○○ネギことハナニラは何が生い茂ろうと構わずしっかり咲き続けています。花芽は背高く伸び適当にくねくねと寝そべるようにしては広い範囲に種をまき散らしているようです。あちこちから新しい花芽が出てきます。その数知れず…(6/20)
去年いただいたネジバナが鉢のまま枯れたと思っていたらいつの間にかまた咲いていました。今度は枯らさず増やしてやろうと少し芝を刈ってその中に鉢ごと植えました。種が散って増えてくれたらいいなぁ。(6/26)
庭がすばらしくワイルドになっている割にはこのころの玄関は結構きれいでしょ。高麗芝が初めてきれいに育っています。手前はアリッサム、今年はあんまり虫にやられずに済みました。(6/20)
というような具合で、変化を毎日楽しんでします。毎日少しずつ変わっていくのがこうして見ると数ヶ月ではすごく大きな変わり様ですね。これからキンモクセイが咲き、紅葉が色づいてやがて葉が落ちて冬の柔らかな陽が庭に差し込んでくると、たくさん植えてある球根たちも春に芽を出すまで落ち葉の掛け布団の下でゆっくり眠るんですね。

gardening index

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE