ガーデニングのページ


三光教会斜面造成


2012年4月24日 芝植え

22日の鉢の会例会で斜面の造成について進めるように依頼されたので、自分なりに構想をまとめてみた。

基本構想として、1.土壌の改善、2.芝植え、3.堆肥作り、4.植生という順序と、なるべく有るものを利用し自作するということをうち立てた。大越保正さんと藤田輝男さんに協力を求め、24日に三者でうち合わせということにした。

9時に教会へ行くとすでに二人が揃っていて缶コーヒーを飲みながら話をしていた。僕のコーヒーも用意してくださってあって、それを飲みながら早速相談に入る。

僕の提案は、まず芝で全体を覆い、生育を見ながら少しずつ花や木を植えるようにしていく。その都度肥料を入れる。肥料はいくらでもある教会の落ち葉と生ゴミ(主に野菜くず)を使って堆肥(コンポスト)を自作する。

1.については上の斜面と道が黒土、下の斜面と道が赤土なのでそれらを混ぜることを考えたが、保正さんによれば赤土もいくらか耕せば芝シートを乗せて串で留め目土をして水やりを欠かさなければ生育するとの意見、即採用。高麗芝のシートを留める目串は会館裏の竹を切って作る。
大筋で基本構想が認められたので、早速今日から作業にはいることにする。まず広さを測り、芝と砂利などの必要な量を計算する。
下の斜面(1)2m×12,5m 25u
上の斜面(2)2,5m×7,5m 18,7u
(1)+(2)44u
道は砂利を敷く。
1m×12,5m×2本×10p厚み 2,5立方m
向かって左の桜の下あたりは元からある笹を生かす。

保正さんは予定があって今日はそこまで。輝さんと僕はまず道のでこぼこを均す。今日は上の道だけ。次に(1)の斜面の赤土を表面浅く耕して平らに均す。それから買い出し。第2京浜の島忠へ。高麗芝シート20束( 円)、目土7袋( 円)、水やり用ホース30mのノヅル付きロールと30m単品、ジョイント( 円)。店の軽トラを借りて運搬。
昼食後、竹を切って目串を作り、芝シートを敷き、目串を打つ。目土をして水やり。今日の高麗芝分で(1)斜面の4/5くらいまで。目土は3袋と2/3、目串は400本。たっぷり5時までかかる。

続きは次回。5月3日を予定。

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
ガーデニングindex