第2回クロスクラブコンサート 2003年5月11日(日)

昨年の9月に始まったクロスクラブコンサートのシリーズ第2回
風薫る5月、輝く緑に包まれてブラームスの世界に浸ったひととき。
コンサートのあとにはすてきなお庭でウィーンのお菓子とコーヒーを楽しみました。



ブラームス
弦楽四重奏曲第1番
クラリネット五重奏曲




ヴァイオリン 中島ゆみ子 田村直子
ヴィオラ   星由紀子
チェロ    黒川正三
クラリネット 杉山伸



開演を待つお客様は花と緑あふれるお庭で
語らいながら。

またお会いしましたね。
お客様の輪にも親しさが増します。

まもなく開演です。

みなさま、今日はようこそおいでくださいました。


今回も満席、ありがとうございます。

お庭にあふれたお客様、ごめんなさい。
でもここが好きとおっしゃる方もあるんです。

室内からブラームスの音楽が緑の光の中へも
広がり出てきます。

緊迫した空気が充満するサロン内では
演奏者とお客様が一緒に呼吸します。

1曲目を演奏し終えて緊張から解き放たれた瞬間、笑みがこぼれます。

休憩時間、庭では演奏者とお客様が間近に
語らうことができます。

後半のクインテット、クラリネットは杉山君です。

聴く人の心をとらえる杉山君のクラリネット。

演奏が終わる頃、庭ではすてきなお菓子が
用意されていました。

作りたてのシュヴァルツヴェルダートルテは
しっとりとして最高のお味!

今回は演奏ではなくお菓子で参加の家内。
クロスクラブオーナーの山口さんご夫妻と。

ウィーン留学時代思い出のディアンドゥルを着て。

テーブルの周りはお客様の行列が取り巻いて
お菓子の順番待ちです。

タイルの間からのびた花は、山口さんの優しさに
守られてのびのびと咲いていました。

家内のアプフェルシュトゥルーデルと
トプフェンシュトゥルーデルもなかなかの人気です。

生地はこうやって引っ張って伸ばすんです。
はー!なるほどねー。あ、あの、一切れください。

星さん、演奏済んで、お菓子食べて、最高の笑み!

お客様の質問に答える杉山君。

頼りがいのあるゆみ子さんの、頼れるご主人。

勉強熱心な田村さん、私は大いに期待しています。

かくして第2回クロスクラブコンサートも楽しいひとときをお客様とともに過ごすことができました。5時、パーティーが終わっても心配された雨は降り出しませんでした。陽が長くなったので、みなさんがお帰りになったあとも緑の葉が庭の明るさを保ってくれました。さあ、この次はどんな会になりますか。どうぞご期待ください。第3回は10月13日(月・体育の日)です。

クロスクラブ

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE