第6回クロスクラブコンサート

2005年5月15日(日)午後2時開演


2005年5月15日(日)
第6回クロスクラブサロンコンサート


ピアノ 黒川文子 
ヴァイオリン ヤン・プステヨフスキー 
ヴィオラ 臼木麻弥 
チェロ 黒川正三


モーツァルト ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調
ベートーヴェン ロマンス ヘ長調
スヴェンセン ロマンス
メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調


チェコ出身のヴァイオリニスト、ヤン・プステヨフスキーさんを中心にした今回の室内楽は、テンポや音楽の流れに独特のものを感じました。


コンサートのあとのガーデンパーティーはNPO日本コミュニティガーデニング協会の皆さんのご協力で、ハーブを使ったすてきなお料理とカクテルでした。ときどき雨がぽつぽつ来ましたが、茂った緑がちょっとの雨は防いでくれましたので、“曇りときどき小雨、たまに晴れ間”のお天気もなかなか風情があってよかったです。
クロスクラブコンサートでは初めてピアノを使いました。いつもと向きが違いますが、なかなか落ち着いた配置だったかも知れません。
クロスクラブ初登場のヤンさん、2つのロマンスをじっくりと聴かせてくれました。
休憩のあとはメンデルスゾーンのトリオ。私は学生の時初めて演奏して以来ずいぶん何度も弾きましたが、最後に弾いたのはもう10年ほども前かも知れません。今回は久しぶりだったので新たな気分で演奏しました。もちろんヤンさんとは初めてです。1月のドゥムキーの時よりアンサンブルは親密になりました。
演奏を終えてほっとしたところです。さぁ、楽しくパーティを始めましょう!と思ったら、なんと外は雨がぱらぱら…
でも木の葉が茂っているし、たいした雨ではないから大丈夫。今日のごちそうはハーブをたっぷり使ったお料理。レモンバーム、バジル、フェンネル、カモミール、ディル…料理のほかにお菓子とお茶、カクテルもありました。
パウンドケーキは残念ながらいただき損ねました。
雨をよけるため大きな桜の木の下にテーブルが寄せられました。少し雨足が強くなってきたかな?
若いお客様は雨にもめげずしっかり食べて…この3人の男の子たち、実はつい先日学園祭でメンデルスゾーンのトリオを弾いたんです。直前に私のところへレッスンに来ました。まだ高校1年と中学3年、これからがなかなか楽しみです。



やはり雨にはかなわず、厨房がレストランに早変わり。これもまたいい雰囲気でした。(下)
ハーブの苗も各種、ヴィオラの麻弥さんも何かお気に召しましたか?
雨は最後にはすっかりあがり爽やかな青空が見られました。

片づいたあとスタッフと。帽子の方々がハーブのお料理を準備してくださったNPO日本コミュニティーガーデニング協会の皆さん。
雨上がりの澄んだ光がとてもすてきでした。
初めて雨になったパーティーも大きな支障なく楽しく終わりました。いらしてくださったお客様、協力してくださったガーデニング協会の皆さん、クロスクラブの山口さん、お手伝いくださったスタッフの皆さん、ありがとうございました。

次回は9月25日(日)2時からです。またここでお会いしましょう。

クロスクラブ

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE