ウィーン留学時代の想い出


すばらしい春の訪れ

ウィーンで初めての冬が過ぎ、一気に春が来ました。東京とはずいぶん違ってもっとずっと寒冷地でしたから、長くて暗い冬は初めての体験でした。零下10度以下の寒さや短い日照時間は、初めのうちこそ珍しさもあってわざわざ寒い中へ出てみたりしたものでしたが、さすがに気分的にちょっと辛くなっていました。何故ウィーンの家には蛍光灯というものがないのか…?それはあの白い光では家庭の暖かさを感じられないからだと思います。暗い冬の寒さの中で何処の家にもろうそくの形のシャンデリアの暖かい光があふれていました。何故みんながこんなにオペラに通うんだろう…?それはあの華やかな雰囲気、明るくて暖かくて香水の漂うゴブランザールを着飾って歩く楽しさ、オペラも含めて最高の社交を楽しんでいるんです。それは特に長い長い冬には欠かせない楽しみなんです。
冬の間、公園の花壇には花もなく、大きな樅の木の深緑の他は木はいつまでも緑の芽を出しません。街のあちらこちらにある噴水も水が止まったままで、木の蓋が被せてあります。日本からの手紙にはもう春の花の写真が添えてあったりしても、こちらではまだまだでした。

日本なら梅が咲いて鶯の声を聴いたりという早春の風情も、また桜が街の至る所に咲いて、その下をぴかぴかの一年生が通う姿を見るということもないのは、春を一年の始まりと感じる日本人には少し物足りない気がしました。

それでも3月29日には夏時間が始まったと手紙に書いています。このころようやく緑の新芽が出始めたようです。留学期間の延長を決心し、少し時間的には余裕を持って勉強できるようになったようです。ブラームスザールでの日本大使館の演奏会でシューベルトの“鱒”を弾いたり、アカデミーの学生であるクラリネットの先輩との室内楽の機会ができました。ただレッスンを受けるだけで精一杯だった頃と比べて、前向きにいろいろな機会に向かっていこうとしていました。
シュタットパークの花が咲き始め一斉に緑の新芽があたりを明るく暖かにしました。この大きな木蓮の淡い色がとても好きでした。
公園にはクジャクがいてときどきこうして見事な羽を広げて見せます。雛が何羽もいてやがてそれらも見事なクジャクになりました。
Prof.Emanuel Brabec
私の先生のエマヌエル・ブラベッツ教授です。
ウィーンフィルの首席チェリストとして長年活躍されました。日本にも演奏旅行でいらしており、ヒンデミットの指揮でブラームスのドッペルコンチェルトも演奏しています。またバリリカルテットの黄金時代を築き、数多くのレコーディングでその演奏は今も聴くことができます。

イースターの頃にはライラックが咲き、いい匂いが漂います。

シュタットパークの巨大なマロニエも満開です。

中にはこんな赤いマロニエも。
我々の留学期間延長が決定的になると、文子の妹、百合子から夏頃こちらへ遊びに来られそうだとの便りがありました。文子の父も仕事でスイスまで来るついでにちょっとウィーンにも寄るとの便りがありました。またこちらからは私の両親宛に、盛んに二人でウィーンへ来て欲しいと誘っています。時間に一年のゆとりができ、貴重なこちらでの生活を十二分に楽しみたい、そして家族にもこちらの様子を見せたいという気持ちが強くなっていました。
すばらしい季節は郊外へ出かけるとなお一層すてきに感じられました。車を持っている友人にドライヴに誘われて、ほんの少し走れば街とは違う広々とした自然がそこら中にありました。

自然の中で動物たちも生き生きと暮らしています。
日本では見たこともない菜の花畑がありました。
留学生としての我々には音楽の勉強が第一ではありましたが、日本では味わえない季節感、生活習慣、またオペラやコンサートに出かけても演奏ばかりでなく、その場の雰囲気全てを楽しむことができたこと、それは二人が一緒だったことの幸せでした。一生忘れることのない感動の時間を二人で大切に味わっていました。
うれしい妹の訪問、滞在  
MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
ウィーン留学時代の想い出index