春の道の続き 2009年4月


庭に道ができたら断然すてきになった。レミは毎朝デッキに出て春の空気の匂いを嗅ぐ。今朝はフリージアの匂いがして気持ちがいいや。ヴィヴォも来てごらん。

久しぶりに雨がたくさん降ったから庭の土が湿って草花や木の葉も生き生きしている。
まだちゃんと花を植えてないんだが、フキやシダやドクダミが梅やシャクナゲの足下にあるのも悪くない。
整地した時、掘り起こされて適当に土をかぶせられていた球根なんかも強いものはそれでもしっかり花を咲かせた。
ここの一角は小鳥たちが運んだ種でできてる。楓にはメジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリなんかがよく来て遊んでいく。それらが落とした種がいつの間にか芽を出して育った。ナンテン、ヤツデ、マンリョウなどが小鳥たちのセンスでいい具合に配置されてる。
毎年よく咲くカラーは今年も元気。大きな葉の間からいつの間にか花の蕾が出て気が付くと咲いてる。
その下ではフリージアが二色咲いて、黄色い方はいい匂い。しかも今年はずいぶん大きいや。
クリスマスローズは控えめに下を向きながら咲いてる。花の期間は結構長い。今年は元気がいいみたい。
その隣にはギボシ。もう何年もここで元気に葉を広げ、やがて薄紫の花を咲かせる。
ドクダミの残骸とともにいろんな根っこの絡まったのを取ってしまったあとにクレマチスが一株だけ芽を出した!残ってたんだ。偉かったね。

言葉を発しないけどひたむきに生きる草花の姿に強さと優しさを教えられる。
いい庭だね。

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
ガーデニングindex