Karmann Ghia Diary
時と場所が変われば、つまり背景が変わればカルマンの表情も変わる。

Karmann Ghia Diary index


初秋の奥多摩から富士へ

8月19日にボクの夏休みは終わってしまった。楽しく家族で過ごした夏休みだった。前日にママを伊豆高原の教会キャンプに送ったので帰りはドライバーが一人になって、カルマンを置いて帰らなければならない。タープをかけて雨が漏らないようにして、後ろ髪を引かれる思いで東京へ戻った。なに、月末には取りに来るんだ、とは思ったけれどもやっぱりガレージにカルマンがいないのは寂しかった。
8月29日、仕事が済んで夜、義弟のミニでカルマンを迎えに来た。真っ暗な山荘にカルマンはタープにくるまれてじっと待っていた。翌朝早く起き出して見るとタープは雨を防いでくれたが、日に照らされて色がだいぶあせていた。いや、すまん。ご苦労だったな。ひっぺがすとカルマンのはにかんだ顔が覗いた。よしよし、今日はゆっくりドライブしてうちに帰ろうな。すぐに機嫌の直った顔になる。この前エルグランドに乗りきらなかった荷物の残りを満載して、このあと数日休暇を一人山荘で過ごすという義弟を残して早々に出発した。この日は道志から藤野、陣馬街道というお気に入りのコースを通って約4時間のドライブで昼頃帰宅した。一穂が夏休みを終えて帰寮する前の最後の日だから。
さて、9月に入って雨が降り気温が下がってくるとオープンカーの季節というわけで、休みにはどこかへ行きたいなぁ…と思うようになる。クロスクラブの本番が近いけど、その練習をした翌日の12日、一穂の誕生日でもあるし(明らかに口実だけど)休みにしてドライヴを決め込む。行き先は…前から気になっていた道、富士の家の行き帰りに通る国道139号が富士吉田から大月に向かっているけど、その先がまだある。大月の街で甲州街道としばらく重なったあとまた山道になって奥多摩湖まで行ってるじゃないか。これを走ってみよう…。
というわけで、12日の朝は4時起き。レミとヴィヴォを散歩させて、さぁ出発だ。ヴィヴォ、乗れ!
玉堤通りから狛江をいつもの道で通り抜け、調布で甲州街道に出る。今日は高速は使わない。そのまま立川の日野橋まで行ってそこで甲州街道から別れて新奥多摩街道、一瞬R16と重なってすぐに別れて奥多摩街道を行き、直ぐ左折で五日市へ。武蔵五日市駅に突き当たって左折。檜原街道を行くとどんどん山の中へと入って行く。7時過ぎ、奥多摩周遊道路の入り口に着いた。ありゃ…?
ゲートが閉まってるぞ!一瞬やばいかなと思ったけど、何のことはない、夜間通行止めで8時からは通れるんだ。ちょうどいいや、一休みしよう。出発してから2時間半以上経ってるしな。

うちを出てしばらくすると霧雨になった。始めはたいしたことなかったから幌を開けたまま走ってたけど、立川のあたりからかなり降ってきてついに幌を閉めた。大粒の雨は降らないで、ずっと霧雨だったから雨漏りするほどじゃないし、まぁいいや。涼しいし、しっとり濡れた山の景色は風情があるよ。

途中のコンビニで買ったサンドウィッチを食べながらのんびり待ってたら、管理のおじさんの車がやってきてゲートを開け始めた。
誰も通らない静かな山道をカルマンが気持ちよく走っていく。月夜見山の脇を通る。そう言えばずいぶん前にオケの仲間と来たことがあった。桜の頃だったかな。少しだけ登りかけて、そこでしゃべって帰ってきたっけ。軟弱登山とか言いながら…。

奥多摩湖の一部が見えてきた。やけに緑色でやや不気味だな。どうも堰き止められてできた人造湖はあんまり好きになれない。

橋を渡ったところで突き当たり、右は青梅街道方面、左が目的のR139だ。
山はまだ夏の名残の濃い緑だが、いくらかくすんでいる。そこへ低い雲が掛かっている。秋に向かってどんどん気温が下がって、雨もたくさん降って、やがてこのあたりも全山紅葉するんだろうな。そのころまた来ようかな。
国道とは思えないような山道。R139の知らなかった区間は期待以上に楽しい道だ。ときどき道にこんなものも落ちていた。
大月の手前、道が二股に分かれたところで一瞬間違えて左の方へ来掛かった。だってそれこそこれが国道?というくらい貧相な道が右で左の方がよほどメインの道のように見えたんだ。でも直ぐに気が付いたから引き返した。やがて左手に中央高速が見えてきた。あぁ、着いたな。ここからはよく知った道だ。大月の街を抜けて富士みちを富士吉田へ向かう。
今日はもう一つ目的があった。実はいつも山荘に向かうときにR139から県道に入って直ぐの乗馬クラブの入会手続きをするんだ。一穂が1年の時体育で乗馬をやった。それがそもそもで、もともと馬は好きだったんだけどなんだかきっかけができた気がした。7月に北海道に行ったとき、海辺の乗馬クラブで初めて乗馬体験した。それでどうしてもやりたいと思ったんだ。昨日電話して申し込んだ。それで今日は早速正式に入会というわけ。
手続きを済ませて、施設を見せてもらい、馬たちとも対面した。スタッフも気持ちいい人たちだ。今月28日にママと来て初乗りするんだ。
昼になった。帰りは山中湖でほうとうを食べて行こう。それから道志、藤野、陣馬街道というお気に入りの道でパウロに寄っていくんだ。一穂の17歳の誕生日だからちょっと顔を見ていこうというわけ。期末試験を目前にして頑張ってるところだけど、ちょっとだけ邪魔するよ。
一穂はとても喜んでくれた。仲のいい友達にも祝福されて、幸せだな。一穂の最高の笑顔を見て、こちらも気分良く家路につく。
MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE