一穂のページ

はじまり 2008年3月17日

感動の卒業式から半月あまり経った3月17日、一穂の名古屋の生活が始まった。受験前に見学に行って以来、受験も含めて数回足を運んだので、新幹線、地下鉄を乗り継いで南山大学までの道はすでになじみになっている。一穂の新居は大学とは目と鼻の先だ。新築の学生マンションで、完成間近の頃、一度外観のみ見に来た。

今回、移動は家族で引っ越し荷物を満載して車になる。前日、僕が仕事で出かけている間に一穂が荷物を積み込み出発の準備が完了していたので、夜帰宅してひと休みしたところで出発した。17日は朝9時に鍵を受け取り、午前中からガスの開栓、大型家電の配送などがあるため、マンションで待機していなければならない。それで久しぶりの夜中の運転となったのだが、最近は富士より遠くへドライブすることもほとんど無かったから、ゆっくり休息を取りながら、眠くならないようにみんなでおしゃべりしながらのんびり走っていった。

順調に走って名古屋の手前7,5kmの東郷PAに着いたのは午前2時過ぎ。ここで車中泊。長距離トラックがたくさん仮眠している片隅に車を停め、窮屈な睡眠ではあったが朝までとにかく休んで、目が覚めたときはそこそこいい時間になっていた。

高速を出て名古屋駅へまっすぐ向かう途中の本山交差点を左折、名古屋大学を通り過ぎると左に一穂のマンション、右に南山大学がある。マンションの前に停車して、初めて来たママに説明する。ほら、あの窓が一穂の部屋だよ。
マンションと大学の間の山手通をそのまま進むと八事。近くのファミリ−レストランで朝食をとり、時間を調整して本山交差点にある学生支援センターにマンションの鍵をもらいに行く。さあ、いよいよマンションへ入居だ。

新築だからまだ柱やエレベーターなどあちこちに段ボールやシートの傷防止のガードがされている。一穂の部屋は我々も体験のない高層階だから、眺めがいい。これはまず一穂の一番気に入ったところだ。西側の窓からは目の前に南山大学のチャペルと、その向こうにキャンパスが見渡せる。さらに遠景に名古屋市街が見える。
東側の玄関からは東山公園の塔や近くの落ち着いた邸宅が見下ろせる。とにかく空が広々しているし、空気も爽やかだ。おい、ちょっと羨ましいぞ。
部屋は一人暮らしには充分な広さだ。明るく快適な造りは、これからの新生活を期待させる。一穂が自分で選んだ家具や家電が入れば、立派な一穂の城になる。
何度も車と部屋を往復して荷物を運び込んだ。少しずつ一穂のイメージが形になっていく。
一穂が部屋を片づけながら配送などを待機している間に、僕とママは八事の大きなスーパーへ日用品を買いそろえに行った。いざ生活を始めるとなると細々したものがいろいろ必要で、思いつくところをメモしてみてもずいぶんある。慣れない店の中でうろうろとものを探すから時間もかかる。ようやくめぼしいところを買い終えてマンションに戻ると、家電も届いてすっかりセッティングも終わっていた。

冷蔵庫や棚にも最初に必要な食料や調味料が一応揃った。鍋、フライパン、やかん、包丁、スプーンや箸など、また洗剤やスポンジや布巾などをしまう場所と、調理をするスペースがちょっと狭いね。料理は一人暮らしの学生はあんまりしないだろうということかな。そんなことないと思うけどね。食事は栄養補給だけじゃなくて、気分の転換、休息、そして創造の喜びという意味でも大事にしなきゃ。ま、工夫してうまくやんな。
一穂がこだわりを持って選んだ冷蔵庫。すっきりしたデザインがいいね。

洗濯機もサイズぴったりだ。洗面所、風呂も清潔で気持ちよくできてる。
だいぶ片づいてきたからお茶にしよう。窓からはだんだん傾いていく夕陽と、オレンジの光を反射する街のビルの遠景が見える。夕焼けになると日の沈むあたりの山がシルエットになって浮かび上がってきた。
地球の回転はずいぶん速いんだね。見ているとあっという間に日が沈んじゃった。あとを追うように飛行機雲が一筋光っていた。

夕食は近くのイタリアンのお店に行こう。ママは初めてだからぜひ連れて行ってあげたいんだ。とてもすてきなお店だよ。僕たちは今までに数回入った。今日はみんなお疲れさまだったね。
翌朝、やっぱり日の出を見ようと早くに起きて玄関の側から待っていた。6時7分、太陽が真正面から昇ってきた。早く早く!みんなに声を掛ける。一穂もママも大急ぎでやってきた。初日の出?だな、我々には。よかった、見られて。

朝の日がだんだんあたりをくっきりと見せ始める。あらためて南山大学を見る。これからここが一穂のステージになるんだな。大いに楽しくやんな。自分の興味を追求したらいい。友達もきっとすぐにできるだろう。新しいときが始まろうとしているんだな。あれ?十字架にカラスがとまってらぁ。こんなのも一穂の日常の一コマになるのかな。

一人暮らしでは何でも自分でやらないとな。引っ越し前にうちでだいぶ料理は実践して、あっという間に腕を上げた。レパートリーも増えたよな。とにかく工夫して有るものでうまいものを作ることができたら、まずは大丈夫だ。食はおろそかにするなよな。

朝をゆっくり食べて、僕たちは早々に引き上げだ。大学が始まるまでに生活に慣れることだね。んじゃ、元気でな。

輝く一穂の笑顔に見送られてマンションをあとにした。入学式は4月1日だ。

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE