季節のページ

季節ごとの植物や風景など、出会った喜びを残したいと思います。


2007年12月24日 我が家のクリスマスオーナメント

毎年クリスマスを迎える頃、我が家はとてもあわただしい雰囲気になって、子供の頃ただひたすら楽しみだったのとはずいぶん違ってしまいました。子供の頃、クリスマスイヴは学校から帰ってくるといつもと違うご馳走のいい匂いがしました。あの頃一番のご馳走だと私が決めていたのは鶏のローストでした。今でこそどこでもチキンばかりかターキーの丸まんまのさえ手に入りますが、あの頃はそんなものは望むべくもなく(少なくとも我が家では)、もも肉が一人1本付くだけで充分贅沢でした。

母がクリスマスのショートケーキを焼いてくれるのも楽しみでした。卵の白身を泡立たのを塗ってケーキの表面を真っ白にして、そこにきれいに真っ赤なイチゴが並べてありました。中は2段になっていて、生クリームとそこにもイチゴが挟んでありました。あの頃は生クリームもガラスの牛乳瓶と同じ瓶に入っていて、今のような紙パックは何であれ存在しませんでした。牛乳でもビールでも、容器は繰り返し使うのが当たり前の時代でした。

絵はがきに天使や羊飼いたちが雪の中に描かれていて、銀の砂をちりばめたようなきらきらするのがあって、ドーナツ盤のクリスマスキャロルのレコードを掛けながらその絵はがきを眺めるのが好きでした。クリスマスはイエス様が生まれた日というのは、特に祖母がよく話してくれたので知っていました。祖母の部屋には十字架やマリア様の絵が掛けてあり、普段からよく祖母は私のためにことあるごとに祈ってくれました。
私と家内は大学生のときに私の母と同じ教会で洗礼を受けクリスチャンになりました。結婚式ももちろんその教会でした。以来教会の礼拝では家内はオルガンを弾き、私はクワイヤに加わってきました。特にクリスマスはその準備からイヴ礼拝、深夜ミサまで丸一日のご奉仕になります。もっとも私は仕事があれば深夜だけということもよくあるのですが、家内は毎年この日はオルガンの前に座ったまま最長の一日になります。

家内にとってクリスマス前の大仕事は50枚を越えるクリスマスカード書きです。印刷は私がしますが、その一枚一枚に家内は一言ずつ書くので、だいたい夜中の作業になり寝不足します。私は今はもうほんの数枚になった海外向けのカードだけの担当で、英語やドイツ語で書くのがやっかいですが、だいたい決まった言葉で書いてしまいます。

私はだいたい例年この時期、第九かくるみ割り人形の本番があって仕事も忙しいことが多いです。二人とも疲れてくると何となく機嫌も悪くなりがちです。そんなときでも、家内はクリスマスのオーナメントを出して飾ることを欠かしません。我が家の雰囲気を和ませる大切な習慣です。
オーナメントの多くは我々が留学していたウィーンで買ってきたものです。アドヴェントのころ、市庁舎の前にクリスマスのマーケットが出て、きれいな飾りのものがたくさん並ぶんです。大切に持って帰ってきたボールやベルや天使や星やホルンやトランペットやリンゴなどが今もあの頃の輝きを失っていません。
あとから増えたものもあります。ガラスの天使や灯りがグラデーションのスノーマン、ろうそくもいろいろすてきなのが加わりました。
家中の壁や柱やドアなどにも小さなオーナメントが飾られます。
今年はすてきな手作りのリースをいただきました。生の花と姫リンゴや松ぼっくりをあしらってろうそくが立っています。やっぱり生のものはいいです。毎日霧を吹いていたらお正月を過ぎてもきれいなままでした。
ろうそくに灯を点すととてもすてきです。ろうそくの火を眺めるのは昔から好きでした。
クリスマスには欠かせないのが、これ。家内はケーキのレパートリーをいろいろ持っていますが、特にシュークリームは上手です。クリスマスには大きなリングシューがいいな。
深夜ミサを終えて夜中の2時近くなって帰宅すると、我が家のオーナメントがすてきなのがうれしかったです。今日はお疲れさま。今年も無事済んだね。大変ではあるけれど、やっぱりクリスマスは大切にしたいです。

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
季節のページindex