季節のページ

季節ごとの植物や風景など、出会った喜びを残したいと思います。


2008年9月20日 今年もサンマの季節がやってきた。

まだ残暑の東京から比べれば富士はだいぶ涼しくなっていた。国道にある温度表示は日中でも19度。幌を開けたカルマンではそろそろヒーターがあってもいい。

夏の間は全く乗らなかったカルマンだが、秋の気配が感じられるようになると無性に乗りたくなる。数日前、車好きの義弟が立ち寄ったのを機会に復活させた。久々なので最初エンジンがなかなか掛からなかったが、掛かってしまえばこっちのものだ。埃を落として、ちょっと転がしてみよう。ブレーキやタイヤを点検し、近場を走ってみる。少し唸りが聞こえるのは気のせいかな?義弟によれば、『しばらく振りだから何かが回るのに多少錆か何かの抵抗があるんだろう。しばらく乗っていれば消えるよ』と割に楽観的。数日慣らし運転していたら確かに!いつの間にか聞こえなくなった。

カルマンの調子が良くなってきたからにはどこかへ行きたくなる。そうだ!また旬のサンマを食べたいな。宮本くんを誘って富士へ行こう。

というわけで今年はいくらか早めの9月20日に実行した。
今年のサンマもやたらに大きい。新聞にサンマの見分け方が出ていたが、新鮮なものは口の先が黄色いって。これらもちゃんと黄色いくちばししているぞ。前回に引き続きハープのみどりちゃんが参加。彼女と一緒に食べたり飲んだりするととても楽しいんだ。ほんとにそのことが好きで、まわりにそのオーラを感じさせる人っているんだな。カルマン復活に関わってくれた義弟も加わって、今回のサンマを喰らうのは4人。

2時頃、火を熾しつつサンマとマグロのスペアリブ、ピーマン、茄子、完熟トマトなどの焼き物を準備、今回はさらにミョウガ、端噛み生姜、ムラサキタマネギ、枝豆、オクラ、レタスとキュウリとセロリのサラダを箸休めに用意した。サンマにはもちろん大根おろしと酢橘は欠かせない。
前回までは日帰りで、当然飲むことはできなかった。しかも食い尽くしたあとはそそくさと片づけて帰らなければならなかった。最低一泊はしようよ。今回はその条件で日程を組んだ。

ビールは数種類お気に入りを用意した。それに赤ワインはイタリアのを1本、それに宮本くんが買ってきてくれた国産の一升瓶ワイン、さらに義弟持参の鹿児島の芋焼酎。

酒の友に宮本くんが得意のスモークを作っている。チーズ、ベーコンが特製薫製釜の中でおいしく生まれ変わろうとしている。

充分すぎるほどの食材が目の前にあるのだが、それらを食べ尽くしてもやがて夜にはまた腹が減るに違いない。そのときのために、実は僕の得意料理がすでに台所の鍋に作ってあって、夜の出番までじっと味をなじませている。

今や常識になった植木鉢を使った調理法。絶対うまく焼ける。
サンマを焼きつつ、とりあえず始めようよ。まずはビールで乾杯!
見事に焼き上がったサンマ。脂がのって最高に美味い。
宮本くんのサンマに左右からオオカミが迫る。

今日のサンマは特大な上に実に美味かった。まずこれを食べ、野菜を焼きながら箸休めのものを味わい、ビールを飲む。ジューシーな完熟トマト焼きがスープのようでたまらない!マグロのスペアリブは初回から登場しているが、河口湖のスーパーにはいつもいいのがある。ミョウガやムラサキタマネギは削り節とともに、しょうゆとレモンとオリーブオイルをかけると美味。魚の生臭さを消してくれていい。みどりちゃんが持ってきてくれた熱海の金目鯛の開きとちくわ、わさび漬けも加わって、前回を大幅に上回る豪華メニューとなった。
たっぷり時間をかけてほぼすべての食材を食べたら、さすがに満腹。少し歩いて腹ごなしをしよう。夕暮れの迫る時刻、みんなでひとまわり散歩に出た。このところ天気がはっきりしないせいか、飛び石の連休なのに別荘地にほとんど人がいない。ススキが秋の深まりを感じさせ、虫の声が静けさを強調する。
外がすっかり暗くなって、山荘の灯りが暖かさと安心を与えてくれる。もっと寒くなったら暖炉を焚くんだ。そうだ、今度は真冬にみんなで来て暖炉を囲もうよ。薪がパチパチと燃える音を聴きながら語り合うんだ。

散歩で腹の納まりもつくと、そろそろ夜の宴の気分になってきた。宮本くんのスモークしたチーズとベーコンがうまそうだ。ワインに合うね。
そして今回の締めはこれ。僕の得意料理の一つ。鍋一杯のキムチの下に隠れているのは豚のスペアリブ。じっくり煮込んで味噌と味醂で下味を付けたところへキムチをたっぷり入れてできあがり。今回のように時間があるときは、作ってしばらくおくと味がなじんでさらに美味い。箸でつまめば骨からつるっと肉がはずれ、とろけるような食感は最上等のシチュー肉にも劣らない。

途中の小休止はあったが、ほぼ午後の2時から夜中近くまで食べ続け飲み続けた満足度の高い一日。宮本くんたちは翌朝早立ちのため、今夜はこれまでとしよう。
朝、気分良く目覚め、散歩をして、軽く朝食を済ませて宮本くんとみどりちゃんは帰っていった。義弟と僕はもう一晩泊まって帰るから、久しぶりに車でも磨こうかと思っていたら雨が降ってきた。午前中、まだ雨がひどくなる前にたっぷり散歩ができたのはよかったが、そのあとはずっと降り続け。ときどき雷も鳴って土砂降りになった。結局雨は翌日も止まず、休日後半は散々だった。でも気分転換は充分にできたな。

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
季節のページindex