季節のページ

季節ごとの植物や風景など、出会った喜びを残したいと思います。


2014年8月11−17日 山荘のコンサートと夏休み

今年も山荘コンサートの季節になった。ソプラノの美苗ちゃんとテノールの奏くん、それぞれ子連れでにぎやかに集まった。

今年は歌曲をたくさん集めて、その魅力を味わおうと企画した。
どうもお天気が気になるなぁ…

晴れたかと思うと…
いきなり降ってきて、あわててタープの下へ椅子やスリッパを避難させる。

いつものことだけど、野外で聴いていただくコンサートではお天気の心配がつきまとう…
今年は演奏中の写真もパーティの写真も撮り損ねて何もない。残念…

今年は思いがけず富良野から餓鬼先生、豊橋から龍峰さんがいらしてくださった。個性的な書家のお二人とはまだほんの数年のお付き合いなのにとても親しくしていただいている。毎年来てくださる御殿場の皆さんにもご紹介できたし、なんと言ってもすばらしいサプライズがあった。
コンサートのあと、先生の書の実演、なかなか見られない貴重な体験。

みんなの見守る中で一見ひょうひょうとした風で、でもふっと一発勝負の真剣さを感じさせて書いてくださった。

響 この字は以前先生の篆刻でもいただいた。また宝物が一つ…
コンサートが無事に済んでみんなが引き上げてしまうと、急に静かになって何だかちょっと淋しい気分…


でも気持ちよく晴れた朝は二人で庭で朝食にしよう。
御殿場の皆さんはすてきなお料理を持ち寄ってくださるので、パーティはいつもとっても豪華。でも我々は皆さんと話をしていていただき損ねることもしばしば。今年はそんな我々に最高においしいチーズケーキをいただいた。二人だけのお茶の時間に贅沢にいただくことにしよう。
東京に帰ったらすぐの9月2日、オペラシティでフィルハーモニーカンマーアンサンブルの定期公演がある。今回はメンデルスゾーンばかりのプログラム。ピアノトリオを2曲とも演奏するのは初めてのこと。山荘にいる間も練習に精を出す。


お天気がいいときにコンサートに使った椅子を干しておこう。湿ったままでしまうと来年は黴だらけになっちゃう…
帰る日が近くなる頃にはもう秋の気配が漂う。洗濯物を干していると赤とんぼが来て、ちょっと休ませて貰うよって。


今年もにぎやかで楽しいコンサートと静かな夏休みを過ごした。忙しい秋のプログラムを前によかったね。

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
季節のページindex