乗馬日記
夢だった乗馬…ついに現実に!富士の山荘の直ぐ近く、Paddy Fieldに入会。


2007年8月15〜21日 (続)乗馬三昧の夏休み

15日の午後、用事を済ませて再びパディへ。ハンバーガーのお昼ご飯をすませて、さぁ、今度は誰に乗るのかな?

師匠は僕に初めてのマーサを指名した。高貴な馬、リピッツァーだ。ウィーンのスペイン乗馬学校のワルツを踊る白馬もリピッツァーなんだ。大きくて美しい姿、顔立ちも美人だ。

まだ若くていろいろ勉強中らしい。走りたくて勝手な行動をとろうとするから、できるだけゆっくり(止まる寸前くらい)速歩、駈歩をさせるようにとの指示。さらに止め方がほかと少し違って、わぉ!と同時に拍車をゆっくり腹に当てる。手綱ははじめは引いていたが、慣れたら全く引かず声と拍車の合図のみで止める。ふーむ。
確かに高貴な血筋を感じさせる美しい姿だ。しかしすぐに走り出そうとする元気の余った彼女を押さえるのはなかなか大変だな。

スピードを抑えるために手綱を引いているから顎を引いて走る。それがいかにも皇帝を乗せて走る馬のようだ。手綱をしっかりさせるために脚も今までよりしっかり鐙を踏んでるようだ。今までは駈歩の時に足が宙に浮く感じがあったが、しっかり踏んでいるとそれがない。
マーサはトレイルが得意種目。トレーニングコーナーへ来ると別の馬かと思うように落ち着いた。
朝ネリーでさんざん苦労してできなかったゲートインを難なくこなす。

次はバーを越えて四角の中で2回転半、一旦止まってからバーを越えて出る動作に挑戦。
完璧!でもないが、まあまあできた。
スピンはまだなかなか難しいや。どうも自分の体勢が崩れてしまうんだな。外方脚で蹴ることに気をとられて重心が外へ外へと傾く。ほんとは逆に内側の足でしっかり鐙に重心を乗せる方がいいらしい。内方脚が独楽の軸になる感じかな。手綱も引きすぎたまま戻せないから、馬は苦しくなっていい動作ができない。手綱は馬の耳くらい、あとは舌鼓と脚で動作を始めさせたら手綱も戻してしまうくらい。

まだまだ難しいことがたくさんあってうまくいかないけど、常に新たな目標ができて楽しいんだ。

鮮やかな色のアゲハが飛んできて馬場の中をしばらく浮遊していった。

つづく
MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
乗馬index