乗馬日記
夢だった乗馬…ついに現実に!富士の山荘の直ぐ近く、Paddy Fieldに入会。


2010年8月16、17日 久しぶりに二人で乗馬

山荘のコンサートが無事に終わってみんなそれぞれ次の予定のために別れて行った。僕はコンサートとパーティのあと、その晩のうちにオルガン製作者の木村さんがオルガンを家まで運んで下さるときに便乗させていただいた。オルガンが無事に家に収まると、木村さんには次回オペラシティの日にまた搬入していただくことを確認してお帰りいただいた。富士から夜の高速を東京まで、さらに夜中近くに佐倉のお宅まで運転して帰られる木村さんにはご負担をおかけして申し訳なかった。僕は家の小さな植物に水をやり、翌朝早い特急に乗って山荘へ戻った。

大月で特急からローカル線に乗り換えてのんびり山里の景色を楽しみながら河口湖駅に着くと、義弟が迎えに来てくれていた。昨夜家内と共に夫婦で泊まってくれていた。今日は彼らと4人だけ。山荘で彼らと過ごすのはいつ以来だろう。お互い子供たちも大きくなって、昔のように4人でダブルデートもできるようになったんだ。

お盆でまだ人が多いとは言え、やっぱり富士は静かだ。早くもススキの穂が出始めて秋の気配が感じられる。
僕は半年ほどのブランクがあってから5月に再開して、それからはひとりで山荘へ来ては乗馬も結構楽しんでいた。ママは実に一年ぶりに乗った。どうしてこんなに空いちゃったんだろう。間があくと来るのがだんだんおっくうになるんだろうね。またこれから一緒に来ようよ。

久しぶりだから心配してたけど、乗ってみたらちゃんと覚えていた。大丈夫、一度体で覚えたものはそう簡単には忘れない。久しぶりのママを乗せてくれたのはサム。サラブレッドの大きな馬だ。僕も最近乗ったけど、ジェリーに乗り慣れてるとものすごく背が高くて、鞍を乗せるのに苦労する。だけど駈歩は豪快で、馬に乗ってるという実感が味わえる。
ママはバランスがいいし姿勢がいいから、馬に乗る姿がとてもかっこいいんだ。馬に限らず動物が好きだから、気持ちも通じるんだろうね。ママを乗せてる馬はみんないい子になる。
僕はやっぱりジェリーがいい。このところ会員さんたちの間ではジェリーに乗る方が多くなってきたらしい。だんだんいろいろな方が乗って、ジェリーも乗りやすい馬になってきた。僕には癖が強くても相性のいい馬だったから、あんまり当たり前になって欲しくない気もするけど。

でも相変わらず反応はいいし、小回りがよくきくから乗っていて楽しい。本当は少し何か横木を置いてトレイルのようなことをするのが僕もジェリーも好きなんだ。だけどこの時期は混んでいて、馬場も仕切られているし仕方ないね。

明日は東京へ帰るから一日だけと思ったけれど、ママが久しぶりに乗って楽しかったからやっぱり明日も来ようよ。
翌日は少し雲行きが怪しかったけれど、雨は降りそうもないし暑いや。今日はパディの馬たちは朝から大忙し。ジェリーだけが僕たちのために空けておいてくれた。ママもジェリーに乗る。初めてではないけれど、いつ以来かな。鞍を僕のにしたらちょっと鐙の長さが合わないや。
短い夏休みだったけど、久しぶりにママと二人でパディに来られて楽しかった。これからいい季節になるからまた来たいね。
MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
乗馬index