第11回クロスクラブコンサート

2007年7月21日(土)


なかなか梅雨の明けない今年の夏は、今回たまたまフルートのプルヴィエさんとの協演が決まって秋ではなく夏の開催となった第11回クロスクラブサロンコンサートには幸いしました。この日はちょうど雨も上がり梅雨の中休みといった感じ、暑くもなく、少し吹いている風が雨に洗われた庭の木々をそよがせて気持ちのいい一日となりました。
クリスチャン・プルヴィエ Christian Plouvier

ベルギーの名フルーティストで、世界を飛び回って演奏やマスタークラスの指導で忙しい日々を送っています。日本にも定期的にいらしていて、たまたまある小さなコンサートのときにご一緒したのが縁で、その後も国立西洋美術館のベルギー展のときに、大使館の招くゲストのために展示室やレストランで演奏の機会をいただきました。

今度どこかで一緒にコンサートをしましょうという話は自然と起こり、今回のクロスクラブが実現しました。
フルートとチェロとピアノという組み合わせはあまり演奏の機会が多くありませんでした。前々回のクロスクラブで吉岡アカリ君とウェーバーのトリオを演奏しましたが、中ではこの曲が比較的演奏される、といってもさほどあちらこちらで演奏されているということもありません。

今回プルヴィエさんから曲目の提案をいただきましたが、ウェーバー以外は我々にとって初めてのものばかりでした。中でもプルヴィエさんが一度聴いて『一目ぼれしました』という佐藤容子さんのBurning Green(緑炎)はとてもすばらしい作品でした。
リハーサルの合間に庭で一休み。

プルヴィエさんも気持ちのいいこの庭が気に入ったようです。本番前のひととき、ほっとするこんな時間が好きです。
開演前、早くに到着されたお客様は庭で一休み。暑い中ちょっと駅から遠いので早めに着いて一休み。初めてのお客様よりむしろおなじみのお客様のほうが早くいらっしゃいます。ゆったりした楽しみ方をご存知ですね。
いつもより1時間遅く3時から本番が始まりました。お客様も大勢いらしてくださり、会場は楽しい雰囲気がいっぱいです。おなじみのお客様のお顔が見えるとうれしいです。また今回はプルヴィエさんのゲストや、ほかにも初めてお見えになった方が加わって、クロスクラブの輪が広がりました。

私がご挨拶をしている間、出を待つプルヴィエさん。
プログラム(前半)

ハイドン トリオ ト長調 Hob.XV,No.15
ベートーヴェン トリオ ト長調 WoO 37


梅雨の合間に爽やかな日差しが戻りました。まだあまり暑くなく助かりました。
休    憩
プログラム後半

佐藤容子
 Burning Green
ウェーバー トリオ ト短調 op.63
Burning Greenの作曲者、佐藤容子さんです。

常夏のハワイに留学中に故郷(鎌倉近辺)の四季の移り変わりの美しさを思いつつ作曲したと伺いました。春の訪れはすばらしい新緑によって知らされます。息を呑むような美しさ、命の再生・・・目の前に広がる木々の緑、全山を包み込む緑、そして遠く離れて想う緑。故郷を離れて初めて気付かされた緑の美しさに対する感動が描かれています。

お話を伺って、私も大好きな鎌倉や三浦の緑を思い出しました。また私たちが留学していたウィーンの緑もすてきだったなぁ・・・と。
アンコールにピアソラの『忘却』を演奏しました。
さあ、これですべての演奏が終わりました。さて・・・

今回もコンサートのあとのパーティーはNPOコミュニティガーデニング協会のみなさんが大勢張り切って用意してくださいました。香りのいいハーブを使ったお料理やお茶はいつも大好評。そのつど新しい工夫を凝らしたご馳走が並びます。いつものように今日の楽しみなメニューが発表されました。
コンサートの終わる少し前から庭ではパーティーのご馳走がテーブルに並び始めました。惜しげもなく使われる上等のオリーブオイルとフレッシュなハーブ、にんにくなどの香りが庭に広がります。

前回に続きまたまたスペシャルブランド(?)のワインが登場!
今回はなんと言ってもメインはパエリャ!コンサートの終わる時間に合わせて炊き上がりました。ほかに新鮮な有機野菜をさっと漬けたピクルス、あっさりした甘みのパウンドケーキなど・・・初めてのお客様はみんなびっくり。ちょっと贅沢でしょ?さぁ、みんなで楽しくいただきまぁす!
コンサートが終わった開放感が好きです。そしてコンサートを楽しんでくださったお客様と一緒に過ごすひとときはほんとに楽しみです。おいしいご馳走とワイン、そして楽しいおしゃべり、人生は楽しい!と思う瞬間です。
今回もまた楽しいコンサートになりました。いつも終わるととても満足感に浸れて、さぁ、また次のことを考えようという気になります。クロスクラブサロンコンサートはおかげさまで11回。来年春まで少し長い間が開きますが、どうぞお楽しみに。きっとまた素敵なコンサートを皆さんとご一緒できると思います。

その前に夏の富士山荘コンサート、来年1月のオペラシティコンサート、4月のオペラシティコンサートpartUなどもどうぞよろしくお願いいたします。

本日はありがとうございました。またお目にかかれる日を楽しみにしています。

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
クロスクラブ