富士山荘コンサート 2007

8月12日(日) 3時開演


今年の山荘コンサートは早くからたくさんのご予約をいただき、また当日までお問い合わせがあって大入り満席の予測だったので、椅子はあるだけ全部に加えてクラブハウスからも10脚ほどお借りしました。40席ほどを確保しましたが、いざお客様が続々到着されると・・・
ほんとに一杯一杯でした。『私はここがいいから』とシート持参で草の上にお座りくださったお客様もありました。

山荘コンサートにはお馴染みのお客様も多く、毎年夏にお会いするのが楽しみです。
今日はようこそおいでくださいました。

今回はモーツァルトとブラームスの弦楽五重奏曲を2曲演奏します。豊かな弦楽器の響きをお楽しみいただきたいと思います。
はじめはモーツァルトのK.515 ハ長調です。

第1楽章は第1ヴァイオリンとチェロ、緩徐楽章は第1ヴァイオリンと第1ヴィオラが対話します。
休憩時間、裏方のチーフ宮本くんがパーティのためのご馳走の盛りつけをしています。家内も今年は演奏がない分、ご馳走をいろいろ用意してくれました。なんと言っても過去最高の40名を越すお客様のおもてなしに、聴きに来た義妹も駆り出され、裏は大忙しです。

さて、それでは後半の演奏を始めましょう。
ブラームスの第1番は、ベートーヴェンの田園交響曲と同じくヘ長調、のどかな牧歌的雰囲気で始まります。小鳥の声もなかなかいい感じに合います。
山荘の音響は不思議によくて、囲いの外までもよく音が届きます。野外コンサートがすっかり定着しました。

演奏が終わったところで、さあパーティを始めましょう。
テーブルの上にはご馳走が並びます。うちで用意したもののほかに御殿場のお客様からみなさんの手作り料理が所狭しと並びました。
みなさんの健康と楽しいコンサートがいつまでも続きますように。乾杯!
大勢のお客様とお話ができてとても楽しいパーティになりました。年に一度、山荘が一番にぎわう一日。話し声、笑い声があふれていました。

MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE
季節のページindex