フィルハーモニーカンマーアンサンブルコンサート in オペラシティ
2011 August

8月2日(火) 7時開演 東京オペラシティ リサイタルホール


昨年から始めた声楽と室内楽のシリーズ、今年は長年構想を温めていたハイドンの『十字架上の7つの言葉』を取り上げました。最初のオーケストラ版、そして作曲者による弦楽四重奏編曲とオラトリオ版という異なる演奏があり得る曲です。我々が演奏するのにどんな形がいいのか、考えた末に出した答えは弦楽合奏とオルガン、4人の歌による室内楽オラトリオでした。
CDで聴くことのできるものでオリジナルと異なるものがいくつかあります。今回の編成にヒントとなったのは弦楽四重奏と4人の歌手による演奏、もう一つは弦楽合奏による演奏でした。大オーケストラと合唱を伴った大がかりなオラトリオに対し、4人のソリストだけで物語を展開させることはなかなか難しく、スコアを見ながら物語がとぎれずに歌い手が休める場所を考えました。また弦楽四重奏では弦の音が生々しすぎるように思えて弦楽合奏にしましたが、どこか物足りなさを感じ、ふと思いついてオルガンを加えたらすばらしい響きが生まれました。家での練習ではもっぱら内容の表現やアンサンブルに重点を置きますが、ホールではいい響きと効果のための配置に気を配ります。
オラトリオ版にしかないアカペラのコラール。7つの聖語のうち『渇く』を除く6つの言葉はこのコラールで歌われます。今回ぜひ入れたかった部分です。4人が洋也さんの指揮で息を合わせすばらしい響きを紡ぎ出します。

オラトリオ版にしかないもう一つの楽章があります。それは間奏曲。オリジナルでは管楽器のみのアンサンブルですが、我々は弦楽八重奏にアレンジしました。
開演時間前から大勢のお客様がいらしてくださり、今年もリサイタルホールはほぼ満席になりました。

今日は始めにバッハのカンタータを演奏します。4人の歌声と弦楽四重奏とオルガン、それに一曲だけですが、オーボエダモーレが入ります。

藤崎美苗 青木洋也 石川洋人 篠部信宏
青木高志 宮川正雪 曽和万里子 佐竹正史
黒川正三 小笠原茅乃 黒川文子
バッハ カンタータ第64番『見よ、父の我らに賜いし愛の』


オーボエダモーレの入るアルトのアリア。
後半、いよいよハイドンの『十字架上の7つの言葉』を演奏します。今回我々の演奏するスタイルはどのように皆さまの心に届くでしょうか。

藤崎美苗 青木洋也 石川洋人 篠部信宏
青木高志 栃本三津子 宮川正雪 渡辺美穂 曽和万里子 坂本晴人
黒川正三 小笠原茅乃 黒川文子
聖書の4つの福音書に描かれたキリスト・イエスの受難、その最も悲痛な最後の場面で語られた7つの言葉。ハイドンのすばらしい音楽によって、より深く心に刻まれました。
MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE