フィルハーモニーカンマーアンサンブルコンサート in 宝塚
2013 October

10月4日(土) 7時開演 宝塚ベガ・ホール


フィルハーモニーカンマーアンサンブルが東京オペラシティリサイタルホールで続けてきた定期公演が第18回となる今年の10月、念願の関西公演が実現しました。宝塚ベガ・ホールにたくさんのお客様をお迎えして、東京公演と同じプログラムを演奏しました。

美しいステンドグラスのあるホールですてきな雰囲気の中、バッハのカンタータ139番『幸せです、自分の神に』、モーツァルトの弦楽五重奏曲K.593、ヘンデルの『主は言われた』を演奏しました。


ソプラノ 村元彩夏 田中めぐみ
カウンターテナー 青木洋也
テノール 畑儀文
バリトン 篠部信宏

ヴァイオリン 宮川正雪 栃本三津子
ヴィオラ 曽和万里子 臼木麻弥
チェロ 黒川正三
コントラバス 小笠原茅乃
オルガン 黒川文子
オーボエダモーレ 佐竹正史 若林沙弥香
この公演は私たちの地方公演の先駆けとなりました。今後は活動の場を東京だけでなく、全国へ広げたいと思っています。様々な編成による室内楽、お客様と私たちが一緒に楽しめるコンサートを考えていきたいと思います。こんなアンサンブルを我が街へもとお考えの方は、どうぞお気軽にご相談下さい。
連絡先 フィルハーモニーカンマーアンサンブル 黒川 
vincentshozo@aa.alles.or.jp
MY FAMILY &
PHILHARMONIEKAMMERENSEMBLE