Karmann Ghia Diary
時と場所が変われば、つまり背景が変わればカルマンの表情も変わる。

Karmann Ghia Diary index


小田原、箱根 東海道 2003/12/7

一穂と初めて二人ドライヴに出かけることになった。もちろんカルマンで。初めて乗るカルマン、一穂の反応やいかに?
スタートは5時半、例によって星空を見ながら期待に胸ふくらむ休日の始まりだ。まずは屋根のない開放感が一穂の最初の印象をごきげんなものにした。普段から車に乗れば必ず窓を大きく開けたがる。ママが寒いからというので仕方なく閉めるが、すぐ酸欠になりそうだと言いだす。カルマンなら文句はあるまい?
星がきれいだねー!こんなに見えるんだ…一穂の喜びようはこちらの想像を上回っていた…空が白くなってきたね。夜明け前に出発なんて初めてだ!…第三京浜を走って多摩川を渡りながら、もう顔が興奮している…保土ヶ谷の料金所から横浜新道へ。カルマンにとって今日は初めての道ばかり…東海道って国道1号線なんだ!知らなかった。R1って書いてあるの、初めて見た…走ったことはあるはずだよ。箱根に行った時、いつもは東名厚木から厚木小田原道路通って小田原に出るよな、そこからの箱根旧街道は東海道だ。あのお化け屋敷みたいなホテル、富士屋ホテルのところがT字路で左へ折れるのが東海道の続き、まっすぐが138号線で乙女峠から御殿場、山中湖方面だ…


まだ明け切らない東海道を走っていると、富士に朝陽が当たってピンクに染まっているのが見えた。(一穂撮影)
ちょうど日の出を迎えたのが大磯のあたり、お腹もすいたし、この辺まで来ていればもう混む心配も無かろう。朝食にしよう…デニーズがあったので入ることにした。朝のメニュー、何がいいかな?迷った末に和定食の焼き魚セットにした。
いいね、日の出が見られるなんて…そうさ、おとーちゃんなんかいつも見てるよ。朝早く出かけて、星見ながら走ってさ、だんだん明るくなってヘッドライトを消すときって好きさ。日の出を見るとその日は最高だ…おとーちゃんがいつも忙しくてくたびれててさ、やっと休みの日にカルマンに乗って出かけて、帰ってくるととっても元気になってるわけがわかるよ…そうだろ、おとーちゃんはそうやって元気取り戻すんだ。
朝はカルマンも気持ちがいいんだ、にこにこしてるよ。いい顔してるなー、一枚撮って置いてくれ…

デニーズの駐車場で我々の朝食が済むのを待っているカルマン。(一穂撮影)

のんびり朝食を楽しんで再出発、だいぶ暖かくなった。海沿いの道は気持ちいい。
(一穂撮影)

旧東海道の面影を残す松並木はおとーちゃんにも心弾む景色だ。(一穂撮影)
小田原に入った。そうだ、小田原城見ていくか…いいね、そうしよう…カルマンを駐車場に入れて城を見学に行く。堀の鯉が口をぱくぱくやっていた。

一穂の視点はおとーちゃんと少し違うので、できた写真が楽しみだ。

もう水仙が咲き始めていた…

本丸に入るとなぜか象がいた…


朝の空気の中、雀や鳩ものんびりひなたぼっこをしていた。(一穂撮影)

青空にそびえる天守閣…かつてこの城をめぐって北条氏と秀吉の戦いがあった…

城の中は展示室になっていた。しゃちほこは屋根の上では小さく見えたが実際は一抱えほどの大きさだ。

一番上からの展望

小田原から箱根湯本へ東海道を進む。ずっと旧道を行こうと思ったが、混んでいて、これは新道を行った方が良さそうだということになった。冬の色になりかかっている紅葉が最後の輝きを見せていた…芦ノ湖スカイラインは笹の原の間を行くごきげんな道だが、天気が悪くて霧で何も見えないことも多い。でも今日は快晴だ。真っ白な富士山に少し雲がまつわり付いている。天気がいいおかげで車も結構多そうだな。

景色のいいところでカルマンを止めて写真を撮る。カルマンはこの前富士の五合目まであがっているから、箱根の坂ごときではへこたれない。

カルマンとのツーショット

一穂もあと4年もすれば免許が取れる年齢になる…

雲のあるおかげで今日の富士は勇壮に見える…

湖尻峠にカルマンを止めて、歩いて少し高いところへ上って行く。そこからは芦ノ湖が眼下に広がる。ここはお気に入りの展望台だ。
ちょうどお昼だったので、おなじみの山のホテルティールームで軽い食事とデザートとしゃれ込む。ことにワゴンで作るところを見せながらサービスしてくれるアツアツのリンゴパイはすてきだ。
 
(一穂撮影)

帰り道は小田原まで旧道を戻り、西湘バイパスから海沿いを江ノ島、鎌倉へと思ったが、有料道路の終わりから渋滞した。だいぶかかりそうなので、途中で1号線に戻り、辻堂のあたりからそれて鎌倉の大仏への道を進む。結局こちらの道でも渋滞は避けられなかったが、暗くなり始めた頃鎌倉へたどり着き、駐車場にカルマンを止めて、以前大仏を見に一穂と二人で来たときに見つけた刀剣の店で刀を見た。小田原城で本物の刀を見たので、一穂の刀趣味が再燃した。でも結局素振り用の木刀を買って今日は満足することにした。まずは体を鍛えることが第一だ。

かくして一穂とのドライヴは、最高の天気に恵まれて、日頃の疲労やストレスを二人の心からきれいさっぱり洗い流してくれた。カルマンは今日一日中元気に軽やかなエンジンの音を響かせて、今ガレージに戻りほっと一息ついている。おつかれさま、今日はありがとう!

index